走れるビジネスシューズ

走れるビジネスシューズを選ぶ4つ(3+1)のポイント

投稿日:

あなたはビジネスシューズでもスニーカーのように気兼ねなく走れる革靴を探してはいませんか?

もしくは実際に走る事はしなくても、走れるくらいの機能を持ったスポーツメーカーが作った革靴などを探しているのかもしれません。

このページではそんな走れるビジネスシューズに必要なポイントや具体的におすすめのシューズブランドを紹介しています。

走る為に必要なポイント

走れるビジネスシューズ

ビジネスシューズでは走る事はないかというと全くそんなことはありませんよね。

例えば

  • 朝の電車に間に合わせる為
  • 商談の時間に遅刻しない為

等々。実際に走らないといけない場合が想像できるシーンとしては突発的に走る必要がある状況が考えられます。
また実際には走らないまでも「走れる」を希望する場合はスニーカーのような履き心地のビジネススシューズを求めている事がイメージできます。

いずれの場合でも以下に紹介する3+1つ機能は走れるビジネスシューズを選ぶポイントになります。

ホールド性

TU-7770のホールド性

走りやすくするためには足とビジネスシューズがより一体化できている状況が望ましいです。
この一体化にはビジネスシューズのサイズが足と合っている事が前提ではありますが、履き口周辺に内蔵されたクッションによってくるぶしの下の部分をしっかりと固定する事ができるホールド性の高い機能がおすすめです。

カップインソール

TU-7768のフィット性(カップインソール)

同様にフィット性の向上も重要で普通の革靴にはあまりない立体形状のカップインソールを使用する事で履いている時の安定感が各段に向上します。私は普段からカップインソールタイプのビジネスシューズを履いている為、忘れがちですがたまに普通の平らなインソールの靴を履くと足が靴内部でグラついてしまう事がわかります。カップインソールが安定感の向上につながっている事がわかります。

軽量性

TU-7768の軽量性

実際に突発的にでも走る事を想定するのであれば、より軽い方がおすすめです。一般的なビジネスシューズはスニーカーなどに比べれば重い作りになっていますが、アウターソールに軽量な樹脂フォームなどを利用する事で強度は維持しながらもスニーカー並みの軽量性を実現するビジネスシューズがあります。

グリップ力

TU-7768のグリップ性

走るにとどまらず歩行時にも有効ですが、蹴りだしや着地の時にしっかりと地面を捉える事が出来るグリップ力があるビジネスシューズがおすすめです。本格的な革靴などの場合、革製でツルツルのソールなどもありますが、走れるビジネスシューズを選ぶのであればアウターソールはグリップ力があるものがおすすめです。

おすすめの走れるビジネスシューズブランド

上記で紹介したようなビジネスシューズは主にスニーカーのような履き心地を実現するビジネスシューズとなり、これらの運動性能が高いビジネスシューズを展開してるブランドも多数ありますが、デザインの豊富さなどを踏まえるとおすすめの一つに「テクシーリュクス」があげられます。

アシックス商事の走れるビジネスシューズ「テクシーリュクス」

スポーツブランドのアシックスのグループ企業であるアシックス商事が展開するビジネスシューズブランドの「テクシーリュクス」はタイプ別に複数の種類がありますが、幅広の方であれば定番モデルの「ベーシックタイプ」がワイズ3Eの為、おすすめです。またスニーカータイプは2Eと若干スリムではあるもののサイズ調整次第では問題なく履けるかと思います。

テクシーリュクスのビジネスシューズはこちらでシリーズ一覧をまとめていますのでレビュー記事などと合わせて是非ご参考ください。

テクシーリュクスのモデル比較
テクシーリュクス(texcy luxe)のビジネスシューズを一覧比較

機能性ビジネスシューズの中でも人気が高いのがアシックス商事株式会社の「テクシーリュクス」です。 このページではテクシーリュクスの豊富な商品ラインナップから、取扱店舗、特徴などを紹介していきます。 「S ...

-機能性ビジネスシューズの選び方

Copyright© スペシャルシューズ , 2019 All Rights Reserved.