DR-6047の軽量性

軽量性の高いビジネスシューズのおすすめについて

「軽量性」とは文字通りシューズ自体の重量を減らす事になります。当たり前ですが、重いビジネスシューズを履くよりも軽量化されたビジネスシューズを履く方が、使用する人の力を必要とせず、疲労の軽減につながります。

当サイトでも機能性ビジネスシューズに求めるポイントの一つとして「軽量性」を上げている事からもこのページでは軽量性が高いビジネスシューズのおすすめを紹介していきたいと思います。

シューズの重さについて

シューズの重さ

まず革靴(=ビジネスシューズ)というとなんとなく重い。もしくはあまり軽くはないとイメージされる人も多いかと思います。
この「なんとなく」重いイメージは別の何かとの比較からくる可能性が高く、それは同じシューズの中でも「スニーカー」と比べて重いと感じている可能性が高いです。

では実際に革靴(=ビジネスシューズ)とスニーカーの重さはどれくらい違うのかという事に関してですが、当然重いスニーカーもあるので一概に断言する事はできないのですが、あくまでそれぞれのジャンルでの定番商品などを確認してみます。

革靴の重さ(リーガルの2504NA)

2504NAの重量

革靴の中でも知名度が高く誰もが一度は聞いた事があるくらい有名なメーカーの「リーガル」があります。そのリーガルの中でも定番中の定番のシューズが「2504NA」です。

シンプルな外羽根式のプレーントゥのデザインで就活生からビジネスマンまで幅広く愛用される一足になります。作られている製法的な影響もありますが、「2504NA」の片足重量は595g(26cm)になり、両足では1kgを超えます。

スニーカーの重さ(ニューバランス ML574-4)

ML574-4の重量

では一般的なスニーカーの重さはどうかという事で、こちらも国内での利用者が多いニューバランスの中で定番モデルとして有名な「ML574-4」を例に挙げると片足重量が約330g(26cm)となります。

先述しているリーガル2504NAと比較すると約半分ほどの軽さという事になります。
あくまで一つの例としての革靴とスニーカーの違いですが革靴(=ビジネスシューズ)は全般的に重いと感じる処ではないでしょうか。

ビジネスシューズの軽量化について

当然革靴とスニーカーでは使用している素材などの違いもあるので一般的には革靴の方が重くなりがちです。それでも機能性の進化によって現在では軽量化されたビジネスシューズが多数発売され、多くの方が愛用しています。

軽量化のメリット

ビジネスシューズが軽量化されていることで歩行中の地面を蹴る力を減らすことができ、結果として疲労の軽減に直結します。つまり軽量化されたビジネスシューズ=疲れないビジネスシューズにより近しい効果が期待できます。

軽量化のデメリット

ただし、軽量化ばかりを意識すると、使用する素材を簡素化する事になり衝撃緩衝性や耐久性の低下というデメリットに繋がります。
そこで実際にはある程度の軽量性を求めつつも、その他の衝撃緩衝性や耐久性も維持されているバランスのとれた機能性ビジネスシューズがおすすめとなります。

機能性ビジネスシューズの軽量性

先述しているようにビジネスシューズを構成する素材などの工夫からスニーカー並みの軽量性を生み出しつつ、長時間の仕事中の利用にも耐えうるバランスのとれた機能性ビジネスシューズを紹介します。

テクシーリュクス「TU-7774」

TUー7774の軽量性

アシックス商事が展開するテクシーリュクスの定番モデルでありながら最も人気が高い「TU-7774」は片足重量【312g】(26cm)と非常に軽量です。
内羽根式ストレートチップというシンプルなデザインは利用シーンを選ばずどんな場面も対応できます。

アウターソールのかかと後部には硬性ラバーによる耐久性。中心部はクッション性の高いEVA樹脂を利用して衝撃緩衝性が保持されています。価格もリーズナブルで軽量性も踏まえたおすすめの一足です。

「TU-7774」の詳細はこちらでも紹介しています。

テクシーリュクス「TU-7758」

TU-7758の軽量性

同様にテクシーリュクスシリーズの上位モデルで非常に人気が高い「TU-7758」も片足重量【317g】(26cm)とスニーカー並みの軽さです。
こちらもシンプルな内羽根式のストレートチップで、アウターソールによる耐久性+衝撃緩衝性がしっかりと確保されています。

それ以外にはインソールに消臭繊維「MOFF」の採用やよりスリム化されたことによるフィット性の向上。履き口サイドゴアによる脱ぎ履きのスムース機能などがあります。

「TU-7758」の詳細はこちらでも紹介しています。

ドクターアッシー「DR-6047」

DR-6047の軽量性

甲高幅広の方からの絶対的な人気があるドクターアッシーはそのサイズ感だけではなく、軽量性にも定評があります。ビジネスタイプで人気が高い「DR-6047」は片足重量【236g】(25.5cm)とスニーカーよりも軽い驚異の軽量性です。
「4E」ワイドの幅広設計に加え通気性を高めるベンチレーションホールがアウトソールに採用されていたりと、おすすめ機能満載のビジネスシューズです。

「DR-6047」の詳細はこちらでも紹介しています。

防水性が高いビジネスシューズの軽量性について

TK33-09の防水性(ゴアテックス)

ビジネスシューズに求められる人気機能の一つに「防水性」があります。この防水対応したビジネスシューズを作る場合、アッパー部分の撥水加工レベルでは大差なくても素材的な部分や製法的なアプローチが必要となり、非防水のビジネスシューズと比べれば当然軽量性が低下します。

ただしこの点に関しても、ベース設計から軽量化された機能性ビジネスシューズであれば、防水対応でありながら軽量性も高いビジネスシューズとしておすすめできます。

ゴアテックス採用の通勤快足「TK33-09」

TK33-09の軽量性

アサヒシューズのビジネスライン通勤快速では高い防水性と透湿性を実現する「ゴアテックス」が採用されている事が多く人気の「TK33-09」もゴアテックスが採用された防水対応の機能性ビジネスシューズです。
ゴアテックス@ファブリクスを採用する事でどうしてもアッパー部分が多層構造して重量が上がりますが、それでも片足重量【395g】(25.5cm)と一般的な革靴(ビジネスシューズ)と比べれば軽くておすすめの一足です。

「TK33-09」の詳細はこちらでも紹介しています。

テクシーリュクス防水TYPE「TU-7787」

TU-7787の軽量性

最後はテクシーリュクスから防水TYPEとして展開されている「TU-7787」になります。ゴアテックスではなく、独自素材による防水性が強化されています。インソールなども従来のシリーズよりも若干分厚くなっていますが片足重量【412g】(25.5cm)。他のテクシーリュクスと比べれば+100g程度、軽量性は落ちますがそれでも一般的には軽いビジネスシューズとしておすすめできる一足です。

「TU-7787」の詳細はこちらでも紹介しています。

-機能性ビジネスシューズの特徴

Copyright© スペシャルシューズ , 2019 All Rights Reserved.