amazon返送用の梱包

amazonで買った靴の返品方法【スマホ画面】

2017年3月19日

「Amazon.co.jp」から発送された靴開封して試着してサイズが合わなかった場合30日以内の返品手続きは全額返金&返送料も無料で簡単に返品手続きができます。

amazonのレビューなどを参考にしつつ購入した靴がいざ履いてみると足に合わなかったというような事はありませんか?

このページでは管理人が実際に購入したビジネスシューズのサイズがどうしても合わなかった為、スマホ画面から返品をした手順を紹介していますので、同じようにお困りの方や注文するのに不安がある方などは是非参考になればと思います。

返品・交換の条件

まずamazonには「Amazon.co.jp」が発送する商品と「Amazonマーケットプレイスの出品者」が発送する商品とに分かれます。基本的にはどちらも同等の条件になりますが、出品者への返品は直接連絡を取ります。

今回私が購入したビジネスシューズは「Amazon.co.jp」が販売、発送されたものなのでこのパターンの説明手順となります。

Amazon.co.jpが発送する商品

基本原則として

  • 商品が到着後30日以内に返品・交換を完了する
  • 30日を過ぎると返金額が20%減額
  • 配送料・手数料およびギフトラッピング料の返金無し
  • 返送料は個別に例外を示す場合を除きお客様のご負担

更に購入者の都合で返品する場合、例えばサイズが合わない場合やイメージと違うなどの場合は以下になります。

お客様都合の返品・交換の場合

  • 未使用かつ未開封の場合:商品代金(税込)を全額返金
  • 開封済みの場合:商品代金(税込)の50%を返金

今回は自分で購入した靴のサイズが合わなかったので返品するわけですから通常であれば開封済みの自己都合返品となるのですが、シューズは別途、例外条件が適応されています。

服&ファッション小物、シューズ&バッグの場合

これら該当のファッション関連商品に関しては開封して試着した商品でも、商品代金(税込)と国内返送料が返金してもらえます。

amazonへの返品方法

これ以降では私のようにプリンターを持っていない方がスマホを使っての返品手順を説明していきます。

注文履歴から返品商品の確認

amazon返品注文履歴

まず最初にアカウントサービスの注文履歴より返品を予定している商品をクリックして「商品の返品」を選択します。

返品理由の選択

amazon返品理由選択

返品の理由選択と詳細を記載します。

返送手続き

amazon返金方法の選択

商品購入代金の返金先として購入時に利用したクレジットカードが指定されていました。

amazon返送方法のメール確認

登録メールアドレスに返品に必要な情報がメールされます。ここでプリンタを利用される方は返品手続き用のIDが記載された部分をプリントして梱包用のダンボールなどに貼り付けますがプリンターを使わなくても問題ありません。

プリンターを使わない場合

amazon返送する梱包

いくつか方法はあるのですが、私の場合は商品が梱包されてきたダンボールに返品手続きと紐つくバーコードが貼ってあった為これを利用してそのまま返品手続きをしました。

返品の梱包作業

amazon返送用の梱包

なんら難しいことはなくそのまま元の梱包に戻してガムテープで閉じます。

コンビニからの返品手続き

返品の手続きは郵便局でも宅急便でもどちらでも構わないようですが、私は最寄りのコンビニで着払い伝表をもらって指定の住所に返送しました。

なお返送先の住所はamazonからのメールに記載されていますのでそちらを確認します。

返金完了の連絡

amazon側で返品を受領すると返金手続き完了の連絡がメールで届いて終了です。

このページのまとめ

amazonで購入したシューズの返品が一定期間無料で出来る事は知っていましたが、実行したことはこれまでなく、手続きは面倒なのではないかと勝手に思っていました。
実際やってみると非常に簡単でしたので、amazonでシューズを購入したいけどサイズ違いを心配などされる方はあまり気にせずに注文していただいてもいいのではないでしょうか。

-ビジネスシューズのトラブル

Copyright© スペシャルシューズ , 2019 All Rights Reserved.